Top >  あざ〜ゴールデンリフト >  隈・血管腫・ケミカルーピーリング

スポンサードリンク

隈・血管腫・ケミカルーピーリング

寝不足などのときにみられる状態で、目の下の皮膚が青黒くなること、これを隈といいます。
隈(くま)とは、寝不足などのときにみられる状態で、目の下の皮膚が青黒くなることです。
では、なぜ青黒くなるのでしょうか?
それは、もともと目の下は皮膚が薄いため毛細血管がすけて見えています。
血流不足や血液の循環の悪化は、より静脈が透けて見える状態が目立つのです。
寝不足の時には、血の流れが悪くなるため、目の下の静脈がより透けてしまって目立つというわけです。
寝不足は、隈だけでなく、美容にもよくないので、注意が必要ですね。
皮膚の欠陥が、異常に増えたことによってできるあざ、これを血管腫といい、別名「赤あざ」といわれています。人によっては生まれつき現れていることもありますし、生後しばらく経ってから現れる人もいます。
皮膚の上皮細胞から発生する良性の腫瘍と、医学的にはいわれています。
古い角質や毛穴の汚れをとりのぞくこと、これをピーリングといい、ケミカルーピーリングとは、ピーリングの一種なのです。
ケミカルですので、化学薬品を使います。
皮膚に化学薬品を塗り、古い角質や毛穴の汚れをとりのぞくこと、これがケミカルピーリングの意味です。
皮膚を刺激して、コラーゲンの生成を促す効果もあるケミカルピーリング。
しかし、角質をはがすためことになるため、肌の敏感な人や肌の弱いひとには注意が必要です。

 <  前の記事 乳輪縮小・ノーニードルメソセラピー  |  トップページ  |  次の記事 CET・CMCバッグ・SUB-Q・UV  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。