Top >  あざ〜ゴールデンリフト >  ケロイド・硬膜外麻酔・ゴールデンリフト

スポンサードリンク

ケロイド・硬膜外麻酔・ゴールデンリフト

怪我や手術跡などが原因で発生する瘢痕組織が過剰に増殖したもの、この状態をケロイドといいます。
一般的には、ケガや手術跡などが原因で発生する場合が多いと思われていますが、生まれつきの体質上発生する場合もあります。
一般に、痛みや痒みをともなうことがある、皮膚の変質ともいえるのです。
硬膜外麻酔とは、麻酔の一種です。
脊髄を覆っている膜のことを硬膜というのですが、その膜の外側に麻酔薬を注入することを硬膜外麻酔といいます。
硬膜が傷つけられると、激しく痛むこともあるので注意が必要ですが、硬膜外麻酔により、神経を一時的にしびれさせることができるのです。
顔のリフトアップの施術のひとつである、ゴールデンリフト。
メスを使わず、針と糸だけで行われる低リスクの顔美容施術の一種です。
メスを使わないため傷も残りにくく、手術も40分ほどで終わります。
また手術法としては、金の糸、純金を真皮内に埋め込みます。
異物を体内にいれることによって、コラーゲンの働きや血管の再生が促進されます。
8〜10年ほどの効果の持続があるといわれていますが、ゴールデンリフトは金を使用するため、高額となってしまいます。

トップページ  |  次の記事 乳輪縮小・ノーニードルメソセラピー  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。