Top >  あざ〜ゴールデンリフト >  太田母斑・奥二重・オリエンタルリフト

スポンサードリンク

太田母斑・奥二重・オリエンタルリフト

太田母斑とは「青あざ」の一種で、顔(目の周囲)に発症します。
発症するのは、男性よりも女性に多いといわれ、その発生する確率は、比較的珍しく1万人に1人といわれています。
害をあたえることは少なく、一般には良性ですが、美容的な観点から治療を望まれる方が大半です。
太田母斑の治療法としては、レーザー治療などが用いられます。
奥二重とは、人が目をあけるときに、目を開ける筋肉が枝分かれをすると、二重になります。
この枝分かれをした部分が、瞼の奥に隠れてしまう状態を奥二重といいます。
いわゆる二重瞼が、瞼の奥の方でできている状態をいいます。
オリエンタルリフトは、顔美容施術の一種で、肌の若返りを促す効果があります。
メスを使わず、針と糸だけで行われるため、リスクが低く、手軽な印象をもちます。
しかし、アプトス糸にあわせ、金の糸を使用するために高額になるとういう欠点があります。

 <  前の記事 カーボメット・隠れ肥満・活性酸素  |  トップページ  |  次の記事 エクリン腺・エラスチン・エンダモロジー  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。