Top >  サーマクール〜ノーニードルメソセラピー >  乳輪縮小・ノーニードルメソセラピー

スポンサードリンク

乳輪縮小・ノーニードルメソセラピー

乳輪とは、乳頭の周りの部分のことをいい、この乳輪を小さくすることを乳輪縮小といいます。
いわゆる乳頭肥大とは逆の状態にする、ということですね。
乳輪を小さくする、といってもバランスの問題で、胸の大きさと比べたときに、大きいと思われる場合には乳輪を縮小させる、ということなのです。
傷が残ったり、乳輪縮小効果が思ったほどでないこともあるので、手術により乳輪を小さくすることも注意が必要です。
針を使わない処置方法のことをノーニードルメソセラピーといいます。
ノー=なし、ニードル=針、というわけです。
メスも針もつかわないので、傷は残らずに手軽な美容整形術と考えられています。
美容整形の場合では、美容液や脂肪溶解剤などを皮膚や皮下組織に導入することをいいます。
針を使わないので痛みがなく、シワやたるみを改善することにもなります。
脂肪溶解薬などの浸透で溶けた脂肪は、便とともに排出されるのです。

 <  前の記事 ケロイド・硬膜外麻酔・ゴールデンリフト  |  トップページ  |  次の記事 隈・血管腫・ケミカルーピーリング  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。