Top >  サーマクール〜ノーニードルメソセラピー >  スプリングアプトス・整理食塩水・切開法・セルライト

スポンサードリンク

スプリングアプトス・整理食塩水・切開法・セルライト

メスを使わずに針と糸だけで行われる、低リスクの顔美容施術の一種であるスプリングアプトス。
メスを使用しないため、施術時間は40分ほどです。
スプリング、すなわちコイル状の特殊な糸を使用し、タルミやシワを改善します。
この特殊な糸で、たるんだ脂肪組織を吊り上げるのです。個人によって異なりますが、効果が持続する期間は8〜12年といわれています。
医療用として使用される、体液とほぼ同じ程度濃度の食塩水のことを整理食塩水とよんでいます。
その特徴は、体液とほぼ同じ程度の濃度がある食塩水ですので、身体への害が少ないということです。
医療用のほかに利用されている方法としては、花粉シーズンに鼻洗浄のために利用されることもある、といえばおわかりになる方もいらっしゃいますよね。
次に切開法ですが、切開法とは二重まぶたにするための施術方法です。
手術時間は20〜30分ほどです。
瞼を部分的に切開し、2重のラインをつくって脂肪を除去します。
これによって、まぶたを二重にすることが可能となります。抜糸までには数日かかります。
またセルライトとは、毛細血管についている脂肪細胞が、コラーゲンによって固まってしまう、このような状態になってしまった脂肪細胞のことをいいます。
セルライトがいっぱいになると、皮膚の表面がオレンジの皮のようにデコボコになってしまい、見た目も悪くなってしまいます。

 <  前の記事 大胸筋・ダウンタイム・多汗症  |  トップページ  |  次の記事 小陰唇・女性ホルモン・シリコン・審美歯科  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。