Top >  サーマクール〜ノーニードルメソセラピー >  小陰唇・女性ホルモン・シリコン・審美歯科

スポンサードリンク

小陰唇・女性ホルモン・シリコン・審美歯科

小陰唇とは、女性器のヒダのことをいいます。
思春期頃から、肥大したり黒ずんだりすることもあるので悩む女性も多く、まして他の女性との比較も難しいことから、自分だけがおかしな状態になったと考えてしまうのです。
あまりに大きくなったと感じる女性は、肥大した部分の切除縫合、整形なども可能ですので、気になる人はクリニックで相談するとよいでしょう。
これらはう形系外科や美容外科で施術が可能です。
デリケートな部分ですので、術後のアフターケアも重要となりますので、医師とよく相談するとよいでしょう。
つぎに女性ホルモンについてお話しましょう。
女性らしさをつかさどる、エストロゲンとプロゲステロンというホルモン、これを女性ホルモンといいます。
ともに卵巣から分泌される、エストロゲンとプロゲステロン。
男性の場合も男性ホルモン(テストストロン)を元に女性ホルモンがつくられるのです。
そして、専門的のあいだでは「シリコーン」と発音されているシリコン。
みなさんも名前は耳にしたことがあると思います。
スキンケア、ヘアケア、隆鼻術、豊胸などに使用されるシリコン、美容整形的には、よく使用される材料ですので、一度は聞いたことがあると思います。
科学的には、メチル基やフェニル基などによってできているといわれています。
また歯並びや、歯の色などの歯の美しさに着目した歯科のことを審美歯科といいます。
一般的に歯科医を訪れるときは、虫歯や歯並びなどの治療・矯正のために行く人が多いと思いますが、これはその際に歯の自然や美しさにも重点を置いた治療のことを言うのです。
代表的な治療法としては、「オールセラミック」と「メタルボンド」といったものになります。
虫歯を治すだけでなく、歯並びや歯の色、形も整えるのです。

 <  前の記事 スプリングアプトス・整理食塩水・切開法・セルライト  |  トップページ  |  次の記事 脂肪吸引・脂肪注入法・脂肪分解注射  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。