Top >  サーマクール〜ノーニードルメソセラピー >  脂肪吸引・脂肪注入法・脂肪分解注射

スポンサードリンク

脂肪吸引・脂肪注入法・脂肪分解注射

カニューレという脂肪吸引管などを用いおこなう、これを脂肪吸引といいます。
身体の余分な脂肪を機械的に吸引して、取り除く肥満解消法でです。
機械的に脂肪を取り除きますので、リバウンドが少ないといわれていて、また脂肪を減らしたい部分のみを対象とすることができる上に、取り除いた脂肪は豊胸手術に用いることも可能です。
この脂肪吸引法は、手術の後は残りにくいといわれています。
次に脂肪注入法についてですが、これは脂肪吸引の逆のことをいい、脂肪を体内に注入します。
豊胸手術の一種で、脂肪吸引で取り除かれた脂肪を、バストへ注入することから、脂肪吸引の応用ともいえます。またバストにすべての脂肪が定着するわけではありませんし、定着までしばらく時間もかかります。
しかしこの方法は、ダイエットとバストアップが同時に出来るため、施術を考える人も多いようです。
注入直後は形を保ち、健康のためにも、継続的なケアと安静が必要といわれいます。アウターケアが重要ということですね。
そして脂肪吸引のように、脂肪を機械的に取り除くのではなく、化学的に脂肪を溶かすことによって肥満を解消する方法、これを脂肪分解注射といいます。
脂肪が気になる部分を対象にして、脂肪を分解する薬剤の主成分であるフォスファチジルコリンを注射するのです。
これにより分解された脂肪は、尿や便となって排出されることになります。

 <  前の記事 小陰唇・女性ホルモン・シリコン・審美歯科  |  トップページ  |  次の記事 サーマクール・色素性母斑・色素沈着  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。