Top >  ハイドロキノン〜UV >  目頭切開・目尻切開・メソセラピー

スポンサードリンク

目頭切開・目尻切開・メソセラピー

「目と目が離れて見える」というような人に行われる、目頭切開、別名で内膜角切開法ともいわれています。
目の間の蒙古ひだを切り取り、目の横経を広げます。
このことにより、容貌がより立体的になります。
しかしデメリットもあり、傷跡が赤く残りやすいのです。本当に目頭切開手術が必要なのかをよく考え、傷跡は残る可能性はあるのかなど、不安に思うことは医師とよく相談することが重要ですね。
目尻、つまり目元を切り開く美容整形施術のことを目尻切開といいます。
目元の印象を変えたいときに行われることがほとんどで、垂れ目にしたい、大きくしたいといった時に行われます。個人の目の形、顔のバランスに合わせて行うことが重要ですので、整形手術の前には、どのような目元にしたいのかなど、目元のイメージをよく医師と相談することが重要です。
メソセラピーとは注射治療法で、少量の治療薬液をメソガンという注射器で皮膚と皮下層に注射することよって治療を行うことをいいます。
メソセラピーの特徴は、「切らない」「メスを使用しない」「痛みが少ない」ということです。

 <  前の記事 ラミネートベニヤ・リダクション・リバウンド・リポサクション  |  トップページ  |  次の記事 埋没法・眼瞼下垂・マンモグラフィ  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。