Top >  ハイドロキノン〜UV >  埋没法・眼瞼下垂・マンモグラフィ

スポンサードリンク

埋没法・眼瞼下垂・マンモグラフィ

メスを使用せずに、まぶたを二重にするための施術方法のひとつである埋没法。
傷跡が残らないように、特殊な極細い糸を使います。
傷がつかないメリットがある反面、その効果は数ヶ月から数年しかもたないという場合もあります。
その効果の短さからも、他の二重手術の方がよいのかどうかなど、よく相談することが重要となるでしょう。
目やまぶたが下がってしまうことにより、まぶたが上がりにくい、または目が十分に開きにくい状態のことを眼瞼下垂といいます。
眼瞼下垂によって、顔のシワや頭痛、肩こりを引き起こすこともあります。
いろいろな体の症状の原因にもなりますので、注意が必要です。
眼瞼下垂の原因は、加齢や疲れなどによって、まぶたを上げる筋肉が弱くなることで起こってしまうのです。
X線撮影検査の一種で、乳癌検査のための専用の検査のことをマンモグラフィといいます。
乳癌検査のためですので、乳房を挟んでX線写真をとります。
女性にとって乳癌は、心配かつ患者数も多い癌ですので、積極的に検査を受けることをお勧めします。
被爆量が気になる人もおられるかもしれませんが、マンモグラフィによる被爆量はごくわずかです。
自然界で受けるものと同じくらいですので、心配はありません。

 <  前の記事 目頭切開・目尻切開・メソセラピー  |  トップページ  |  次の記事 包茎・ほうれい線・ボトックス・ポニーテールリフト  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美容整形 ココが知りたい!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。